認定講座

banner_saitan

アイシングクッキーは、本やインターネットからの情報でも学ぶことが可能です。
ただ、その場合極めるまでにかなりの年月を要することになります。
日本アイシングクッキー協会の講座を受講した方の中で、講座受講前からアイシングクッキー作りの経験がある方は、
よくこうおっしゃいます。
「もっと早くにこの講座を受けていたらよかった!」
「だいぶ遠回りしてきちゃった…」

この講座修了後、すぐにアイシングクッキーのプロとして活動していけるわけではありません。
でも、この講座全8レッスンを終えてから、自宅で練習を重ねれば、ほかのどんな手段で学ぶより早くプロになれるだけの基礎が身に付きます。

わたしたちは、この講座を「アイシングクッキーのプロへの最短距離」だと思っています。

そんな日本アイシングクッキー協会認定アイシングクッキーインストラクター養成講座の6つの特徴をご紹介いたします。
(各レッスン内容はこちら、現在募集中の講座一覧はこちらでご確認いただけます。)

 

日本アイシングクッキー協会 ゼクシィ

1)「 アイシングクッキーの専門性」
日本初の「アイシングクッキー」専門の協会です。

日本アイシングクッキー協会は、
アイシングクッキーをツールに人生を豊かにしていただくこと、
アイシングクッキーを楽しんでいただくことなど、アイシングクッキーを使ったさまざまな活動を展開しています。

講座修了後には、
教室を運営される方はもちろん、
趣味として続けていく方、販売される方、
ボランティアやイベントに活かされる方…
さまざまな形で活動されています。

本部も、アパレルとのコラボや
アイシングクッキーの商品開発、
雑誌等の撮影小物協力など幅広い活動をし、
その活動には講座修了生さんたちにも参加を呼びかけて
みなさまがみなさまらしく、楽しく活動できるようバックアップさせていただいています。

つまり、教室運営のみに留まらず、本部と共にさまざまな形でアイシングクッキーをいかした活動が可能です。
また、修了生全員が教室運営をするわけではないので、近隣に同じ協会の講師が密集しないという特徴もあります。

 

 

日本アイシングクッキー協会 講座内容

2) 「アイシングクッキーの味へのこだわり」
日本アイシングクッキー協会はクッキーの見た目だけでなく味にもこだわり
「食べ物としてのアイシングクッキー」ということを大切にしています。
これまで当協会のアイシングクッキーを召し上がったことのある方は、
「今まで食べたアイシングクッキーの中でいちばんおいしい!」
「こんなに味にも満足できるアイシングクッキーは初めて」
とおっしゃってくださっています。

味にこだわることで有名な、あのクオカの商品開発担当の方が
当協会のアイシングクッキーの味に驚いてくださったことは、
協会のちょっとした自慢です。笑
もちろん、アイシングクッキーには欠かせない見た目の可愛さ、センスの良さも大切にしています!
(日本アイシングクッキー協会の「おいしい!」へのこだわりに関する詳細はこちら。)

 

 

日本アイシングクッキー協会 講座

3) 「バランスの良い講座の内容」
基礎を大切にしながら、応用も幅広く扱う
バランスのよい講座内容となっています。

また、全8レッスンで総数40枚という、仕上げるクッキーの枚数が多く、
基礎を反復しながら、実践も多くできるところも当協会の講座の特徴です。

講座では、さまざまなデザインのアイシングクッキーを扱い
ひとつのジャンルやテイストにかたよることのない内容、
全員がまったく同じ色やデザインで仕上がるのではなく、
個性の光る自由度の高い内容です。

また、卒業制作では、実際にだれか特定の方のために作品を仕上げていただき、
その発表もしていただきます。
アイシングクッキーに込められた特別な想いを聞き、
スタッフや受講生が思わず涙することも…
そのあたたかい雰囲気も、講座の特徴のひとつです。

 

 

11665449_460696174110486_6385502853995149561_n4)「 受講生や会員に寄り添う、あたたかい運営」
講座修了後いちばん多くいただく声が、
「先生やスタッフさんのきめ細やかであたたかい対応に感激した」というもの。
アイシングクッキーを楽しく続けていただけるよう、
また、こちらの技術を惜しむことなくお伝えできるよう
精一杯サポートさせていただきます。

講座受講生の50~60%はアイシングクッキー作り未経験者の方。
初めての方でもしっかり学べるようなカリキュラムと、
受講生4~6名に必ず1名はアシスタントがつくというきめ細やかなフォローも。

まだ歴史の浅い協会なだけに、
会員のみなさんのアイデアや期待・要望の声ひとつひとつを大切にし、
みなさんと一緒に協会をつくっていきたいと願っています。

 

 

日本アイシングクッキー協会 講座風景

5) 「試験制度導入による高いクオリティ」
講座で受講生に技術を伝承するインストラクターは
合格率約30%という厳しい「インストラクター認定試験」に合格した精鋭ぞろい。
どのインストラクターのもとで学んでも、安定した技術を習得できます。
試験制度により、
「認定インストラクター」のクオリティ、
「日本アイシングクッキー協会」のクオリティ、
「日本アイシングクッキー協会 認定インストラクターの資格」のクオリティが高く保たれています。

 

 

 

日本アイシングクッキー協会 理事・スタッフ

6)「 活動しやすい人数コントロール」
講座修了時に、みなさんにいつもお話ししていることがあります。
「アイシングクッキーは、事前の準備がとても大変です。
クッキーを焼き、アイシングを作り、色付け、かたさ調節…
すべてをひとりで行おうとすると、準備が大変だからとしり込みし
肝心のイベントやレッスン開催まで辿りつけないかもしれません。
そんなとき、近くに同じ協会の仲間がいたら、
準備も楽しさも共有できる存在がいてラッキー!と
ー緒にイベントを開催できる仲間だと認識してほしい」

ですが、同じ地域に何十ヶ所も同協会の教室が存在したら、さすがに活動しにくいかと思います。

同じ協会のメンバー同士で、生徒さんの取り合いで傷つくようなことが起こらないよう
講座の受講人数をコントロールしています。

東京講座は各地よりいらっしゃるので大人数で開催していますが、
地方講座(特に同じ地域で2回目以降の講座を開催する場合)は定員を少なめに設定しているので、
講座修了後の活動もよりしやすくなっています。

 

 

6つの特徴はわかったけど、まだ不安…という方。

「アイシングクッキーを作ったことがないけど大丈夫かな…?」
「講座修了後はどんな活動をしていけるの?」

そんな不安、質問はこちらで解決!よくあるご質問にお答えしています。

 

ページ上部へ戻る