理事あいさつ

日本アイシングクッキー協会 理事

 

message

日本アイシングクッキー協会 代表理事
娘・息子を持つ母として、
夫と家庭を支える妻として、
家事や育児を大切にしながら働ける形を追求した結果、

今わたしは周りの理解や協力を得てこの協会を運営しています。

まずは、自分自身が楽しんで、笑顔でいられること。
家族や周りを笑顔にすること。
両親とこどもに胸を張れる活動をすること。
協会に携わるメンバーにも、自分と周りを大切にして笑顔で活動してもらうこと。

それがわたしの仕事です。

結婚や出産を機に環境が変わり
もやもやしていたり、心細い思いをしている方。
新しい何かをはじめたい方。
今の毎日に、何かスパイスがほしい方。

ぜひ、わたしたちのメンバーになることを選択肢に加えてみてください。

もしかしたら、
あなたの毎日が今より少しカラフルになるかも?
アイシングクッキーみたいに!

 

日本アイシングクッキー協会
代表理事 竹林 舞依

 

caree

イギリス、ポーランドでの留学、就労経験を経て、
25歳で起業。(株式会社Charm International Japan)

女性の留学支援や、ブライダルアイテムの輸入・販売など
同世代の女性にとって、人生の転機となるイベントに携わる事業を手掛ける。
J300 京都アンバサダー。2児の母。

 

 

messagenao

日本アイシングクッキー協会 理事
「食べたらなくなっちゃうこと。」

「デザインを考えることで、自分の知らない世界の扉が開くこと。」

これはわたしが考えるアイシングクッキーの魅力。
見て楽しく、食べておいしく
を常に考えて、毎日アイシングクッキーを作っています。

一緒にアイシングクッキーの甘~い魅力にどっぷり浸かりましょう!

 

日本アイシングクッキー協会
理事 後藤 奈央

 

caree

製菓専門学校を卒業後、カフェでパティシエと勤務する傍ら独学でアイシングクッキーを学ぶ。

特に海外のアイシングクッキーデザイン、テクニックに精通し、
日本人離れしたセンスをいかし、
外資系イベント会社のイベントプロデュースにおいて
パティシエ部門を担当するなど、幅広く活躍。1児の母。

 

 

ページ上部へ戻る